×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ほしのあき(星野亜希)データ〜プロフィール・無料画像・写真集・動画など

ほしのあき データのトップへ

グラビアアイドル - ほしのあき - のあらゆるデータ。 プロフィール・出演番組歴から写真集・批評まで。

ほしのあき データのトップ

ほしのあき プロフィール

ほしのあき 経歴

ほしのあき 特徴

ほしのあき 交友関係

ほしのあき 批評・記事

ほしのあき DVD・ビデオ

ほしのあき 写真集

ほしのあき CD

ほしのあき ゲーム

ほしのあき カレンダー

ほしのあき グッズ

ほしのあき 出演映画

ほしのあき 出演CM

ほしのあき 出演バラエティ

ほしのあき 出演ドラマ

ほしのあき サンプル画像

ほしのあき 最新News1

ほしのあき 最新News2


お問い合わせ

サイトマップ

リンクの御案内

リンク集

 

 

最終更新日 :  2008年08月29日  

ほしのあき 経歴


高校時代からモデル活動

高校時代、ティーンズ雑誌「プチセブン」(小学館)の専属モデルを務め、その後は女優として「三姉妹探偵団」(日本テレビ)や「愛の劇場」(TBS)といったテレビドラマや映画、CMなどで活躍。現在はグラビアアイドルとして写真集、DVD、テレビの深夜番組を中心に活躍中。

デビュー前後

実はドラマデビューと前後して、広末涼子の後任としてP&G「クレアラシル」のCMに出演していたが、CM終了後はかえって鳴かず飛ばず状態に陥ったそうだ(本人がMBSの「痛快!明石家電視台」にて公言した)。

グラビアアイドル活動

グラビアアイドルとして活動を始めたのは、ほしのあきが24歳のときである。有料サイトも含め長らくグラビア系の仕事が活動の中心であったが、2004年後半頃から急激に仕事を増やしテレビのバラエティ番組への出演も多くなった。

人気が出る前

今の様にテレビに頻繁に登場する前の2002年 - 2003年頃は、プロレス団体WEW(故・冬木弘道の設立)の月1興業のエンターテイメント部門の常連で、リング上でマイクを持ちレスラーを相手にコスプレ衣装で迫真の演技をしていた(2003年の冬木弘道の死去後にWEWの後に設立された”冬木軍プロモーション”{現在のアパッチプロレス軍}からは姿は見えなくなり、グラビアやテレビの出演が多くなった)。

ドラマ活動本格化

2006年、日本テレビ系「ドラマコンプレックス」内放送ドラマ「都立水商!」出演より、テレビドラマ出演など女優としての活動の際には本名の「星野亜希」名義を使うことになった。バラエティ番組やグラビアなどではこれまで通り「ほしのあき」の名義を使用する。2006年4月1日に放送されたTBS系「オールスター感謝祭'06超豪華!クイズ決定版」では、ドラマ「弁護士のくず」出演者としての出演だったため「星野亜希」名義だった。

スポーツ分野にも

「2006FIFAワールドカップドイツ大会」のパブリック・ビューイング記者発表会で日本代表を応援する「F組応援団」の団長として出演した。

2006年5月7日に、横浜スタジアムのプロ野球・横浜ベイスターズ対阪神タイガース9回戦では「星野亜希」名義で始球式を務めた(スポーツ紙の報道では「ほしのあき」と「星野亜希」、「ほしのあき(女優名・星野亜希)」と各紙によって表記がまちまちだった)。

年齢偽証

以前まで「1978年生まれ」と1歳サバを読んでいたが、2006年から「1977年生まれ」と公式プロフィールなどに掲載されている。

写真集
人気No.1
「ほしのあき H(エッチ)」
DVD写真集
人気No.1
「山岸伸 デジタル写真集 ほしのあき」
DVD・ビデオ
人気No.1
「ほしの万博 HOSHINO EXPO」
出演ドラマ
人気No.1
「弁護士のくず」
この本は、グラビア界の最高の1冊である。他のグラビアの方々とは比べ物にならない。今まで何万ダースもの女性を見てきたが、ブッチァケた話、比べ物にならない。 穴あきTシャツやシースルーのほか、ギンガムチェックのミニスカートに白いブラウスなど清純な衣装すらセクシーに見せる。日焼け止めクリームを塗り込む姿などオフショット満載。 トップアイドルとしてテレビやグラビア、歌手として活動する“ほしのあき”のイメージDVD。グアムの青空の下での様々な表情や、魅力溢れるコスチューム姿などを収録! 裁判に勝つためならどんな手でも使う“弁護士のくず”とコンビを組むことになった新米弁護士、の2人を中心に描かれるヒューマン・コメディ・ドラマ。全12話収録の6枚組DVD-BOX。

このページの一番上へ
ほしのあきデータ のトップページへ

アミューズメントサイト
オンラインカジノに興味があるならオンラインカジノ王へ